たびるみ

旅 × ルミックス

パナソニックフルサイズ機LUMIX S1Rで妄想してみた

こんにちは、ネコ(@orange_8_orange)です。


年の終わりですが、今回は私もめっちゃ欲しい、パナソニックのフルサイズ機S1Rについてあれこれ思ってみたいと思います。


www.start2019.work

www.start2019.work

www.start2019.work

高画素機S1R

S1Rは高画素機です。


高画素機とは簡単にいうと「めっちゃ綺麗に細かく写せるカメラ」って感じですかね。


そんな高画素機は手振れに弱いそうです。


詳しくは語りませんが(語れませんが)手振れに弱いそうです。


そんな高画素機ですが、今回のS1Rはどうやら「今まで三脚が必要だったシーンでも手持ちで撮れる」くらいに手振れ補正が強力らしいです。


これはもうあれですね、高画素機の弱点無くなりましたね。


しいて言うなら「高画素なのでデータも大きくなり、レタッチするパソコンにも高性能が求められるのでお金がかかる」と「高画素なのでデータも大きくなり、データ保管用に大容量のものが必要になりお金がかかる」くらいでしょうか。


つまりお金があるなら全然問題にならない問題ですね。


お金無いけど。

レンズが豊富

いまのところSシリーズ用のレンズはパナソニックからは3本だけ発表されています。


そして2020年までにレンズをさらに増やしていくそうなので、パナソニックレンズは早い段階で豊富になりそうです。


さらにパナソニックのSシリーズはライカのLマウントを採用しているので、ライカのLマウント用のレンズをすぐに着けることが出来ます。目が飛び出るくらい高いですけど。


さらにさらに今回はシグマも参加しているので、どんどこLマウントレンズが発表されるでしょうし、現行のレンズをLマウント用に変更するサービスも始めるそうです。


これは安心して沼に憑かれますね(ニッコリ)

ハイレゾモード

個人的にS1Rで1番気になっているのが、ハイレゾモードです。


ハイレゾモードとは、カメラがなんか色々良い感じにやってくれて解像感がめっちゃ上がる写真が撮れる機能です。


G9にもこのハイレゾモードが搭載されていますが、この機能を使って撮ると本当に写真が変わります。めっちゃ綺麗になります。


なのでフルサイズで高画素機なS1Rがハイレゾモードで撮影した写真とか絶対凄いと思うんですよね。


とはいえ、いまのところS1Rにハイレゾモードが搭載されるかどうかは正式なアナウンスが無いので分かりませんが、ぜひこの機能は搭載して頂きたいですね。


さらに言うなら手持ちハイレゾモードを搭載していたら控えに言って神ですね。

50mm単焦点レンズが凄いらしい

パナソニックはインタビューで、各社フルサイズ用の50mm単焦点レンズのすべてを徹底的に研究したうえで、今回の50mm単焦点レンズを出すと答えています。


これはもうあれですよね、めっちゃ凄い50mm単焦点レンズが出てくるってことですよね!(語彙力)


私はこのレンズでハイレゾ撮影した写真がめっちゃ見たいし、めっちゃ撮りたいのです。


なので、もしも、もしもS1Rを買うとなったら、まずはこの50mm単焦点レンズを1本買って使っていきたいと妄想しています。


ちなみにS1Rと50mm単焦点レンズを合わせたお値段はいくらくらいなのでしょうかね、、、


きっとそこそこ良い中古車買えちゃうんでしょうね、、、


隠し玉がある?

カメラ雑誌のインタビューでパナソニックの中の人がSシリーズは隠し玉があると答えていましたが、一体なんなんでしょうね?


噂では「RAW動画に対応している」や「可変NDフィルター」などがありますがその辺りでしょうか?


なんにせよ隠し玉楽しみですね。

まとめ

パナソニックは来年の1月7日にラスベガスで記者会見を行うそうです。


そこでおそらく、Sシリーズの詳細情報を公開するという噂がありますが、どうなのでしょうかね?


いまある噂で1番スムーズなのが、1月7日の記者会見から予約を開始して3月から発売というものですが、4月や5月に発売開始という噂もありますし、やはり蓋を開けてみないと分かりませんね。


まあ、こうやって色々と妄想出来るのも楽しいですけどね(笑)


一体どんなカメラが登場するのか待ち遠しです♪