たびるみ

旅 × ルミックス

パナソニックフルサイズ機 S1とS1Rのフルスペック発表日の噂!

こんにちは、ネコ(@orange_8_orange)です。


f:id:soraumi8:20190108153741j:plain


パナソニックの初となるフルサイズミラーレス機S1とS1Rのフルスペックの発表日が2月1日(金)という噂が出てきました。日本時間で20時だそうです。


ついにです。ようやくです。去年の9月始めの「パナソニックからフルサイズが出るらしい」という噂が出た時の衝撃に度肝を抜かれてから5ヶ月が経ちました。ヒャッホー!


本当に待ちに待ったフルスペック発表です(まだ噂だけど)。


現在出ているS1とS1Rの共通スペックは


☆Lマウント
☆ 4k60p
☆ デュアルIS
☆ コントラストAF (DFDテクノロジー)
☆ 業界で最高解像度のEVF (560万ドットと噂されている)
☆ ディープラーニング AI
☆ XQDカードスロットx1 、SDカードスロットx1
☆ 3軸チルト式液晶モニタ
☆ 100%の防塵防滴のシーリング
☆ ハイレゾモード
☆ HLGフォト
☆ 発売は3月


となっております。




そしてS1とS1Rの個別のスペックとしては


S1
☆24MPセンサー
☆撮影可能枚数:XQDで380枚、SDで400枚
☆重さ:899g(バッテリー込みで1020g)
☆ボディ2,199英ポンド、標準ズームキットで2,999英ポンド


S1R
☆47MPセンサーでローパスフィルターレス
☆ハイレゾモードは187メガピクセルで撮れる噂
☆連写性能:9コマ/秒(AFS)、6コマ/秒(AFC)
☆ボディ3,399英ポンド、標準ズームキット4,199英ポンド
☆576万ドットEVF
☆ファインダー倍率は0.78倍から0.74倍または0.7倍に調整可能
☆210万ドットの可動式背面液晶
☆撮影可能枚数:XQDで360枚、SDで380枚
☆重さ:898g(バッテリー込みで1020g)
☆ボディ3,399英ポンド、標準ズームキット4,199英ポンド


となっています。


1月31日に軒下デジカメ情報局さんがたくさんのリーク情報を掲載してくれました。いくつか気になった部分を書いてみたいと思います。


まず手振れ補正ですが、今回なんと6段分の効果があるそう。これは相当強力な手振れ補正ですよね。フルサイズの中ではトップクラスではないでしょうか?


そしてもうひとつ、「Advanced Artificial Intelligence Technology」という機能があるそうです。これは人間、猫、犬、鳥を認識してくれる機能だそうです。


G9PROも人体認識の精度はとても高く、なんなら漫画の中の人物ですら認識してくれます。これが猫や犬や鳥にまで使えるなら、相当便利な機能ですよね。


そして値段ですがS 1のボディが日本円で約31万円、標準ズームのレンズキットで約43万円。S1Rのボディが約49万円、標準ズームのレンズキットで約60万円です。


だいたいの予想通りといった価格かなと個人的には思いますが、果たしてこの値段も実際の価格になるのでしょうか?


ちなみにイギリスの税金も考慮した価格かもという話もあるので、日本ではもう少し安いといいのですが。


それと撮影可能枚数ですが、ソニーのα7RⅢと比べると心もとない枚数です。バッテリーの大きさは結構大きそうですが、そのぶん色々と機能てんこ盛りなので相殺されるんでしょうね。個人的には400枚後半はいって欲しかったかなと思います。


とはいえ、ニコンやキヤノンのフルサイズミラーレス機も使い方によっては、公表の撮影可能枚数より撮れるようなので、実際の撮影可能枚数はもっと撮れることを期待したいですね。


そしてS1Rはハイレゾモードでなんと187メガピクセルで撮れるという噂も!驚異の1億8700万画素!この画像クラスの大きさを扱えるパソコンってどれくらいのスペックがいるんでしょうか?末恐ろしいすです。


フルスペックの発表はいったいどんな発表が出てくるのか。早く2月1日が来て欲しすです!